サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2015/09/08
喫煙歴のある40代の方はお気をつけ下さいの情報を更新しました。
◆2015/09/08
胆汁を送るための大事な導管の情報を更新しました。
◆2015/09/08
がんは日頃の早期発見が第一!を新規投稿しました。
◆2015/09/08
がんを誘発させないためにする事を新規投稿しました。
◆2015/09/08
発ガン性の噂は本当かどうかを新規投稿しました。

2人に1人はかかると言われているがんについて知っておく


今においては、ガンは「2人に1人はかかる病気」とも言われていますよね。

それだけに身近に存在する病気だといっても過言ではないでしょう。

ガンは知っているけれど、その詳細については知らない場合も多いと思います。

少しでも知識をもっておくことで、いざと言うときにはもちろんですが、予防も行うことが出来る可能性も出てきますよね。

今回はそんなガンについてお話して行きたいと思います。

ガンを発症する理由は「普通では活動していないガン細胞が目覚めてしまう」ということによって始まります。

このがん細胞の大きな特徴は「自立性増殖」「浸潤」「転移」です。

自立性増殖とは、限りなく増殖してしまうこと。

浸潤とと近くの組織ですとか臓器に入り込んで増殖すること。

転移は他臓器などに飛び火して増えて行くことです。

これらでお分かりかと思いますが、繁殖力が非常につよいのです。

ガン化とは、目覚めさせる物質のことを「発ガン誘起物質」などと呼ばれているのです。

これによって、遺伝子細胞に変異が起こってしまうのです。

これが「ガン化」です。

そこで、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、遺伝子の変化に関しては細胞そのものがもつ修復酵素が修理を行うものです。

ではなぜガン化したものは修理が行われないのでしょう。

ガン化した細胞は、細胞分裂が起こってしまうからなんです。

細胞分裂において、ガンとなった細胞は再び正常なものに戻る事はありません。

こうして出来細胞ですが、正常の細胞よりも核と呼ばれる部分が大きいことが特徴です。

これが繁殖力を持って身体を蝕んで行くのです。

このようなガン細胞を見つけるにはやはり検査と言うものが必要となります。

精密検査によってより詳細なガン細胞について発見することが出来ますが、各自治体などで行われている定期健診ですとかガン検診でも発見することが可能な場合もあります。

進行を防いで早期発見をすることがガン治療においては大きなポイントとなりますので、日頃から検診を受けることをオススメします。

▲PAGE TOP